親は二次性疼痛疼痛症候群であるが今は一次性疼痛の状態と考える(親と子の併記をする)